INFOMATION

2017-03-17 17:15:00

Cafe潮音館をご利用いただいた皆様へ

 

この度3月のリニューアルOPENのタイミングから、Cafe潮音館を引き継がせていただくことになりました林と申します。 

 

少し長くなりますが、この度私が潮音館を継がせていただくことになった経緯と皆様への思いを、この場をお借りしてお伝えさせていただけたらと思います。

 

私が潮音館に出会ったのは、サイクリング日和の暖かい春の日でした。

 

磯海水浴場から見る桜島や磯庭園、石橋記念公園や多賀山公園など、

 

多くの美しい自然が残る祇園之洲がもともと好きで、

 

日ごろから磯街道をドライブで通ることはありましたが、サイクリングで通るのはその日がはじめてでした。

 

そんなサイクリング中に道路沿いから、ひょっこりと見えたツリーハウスに目を惹かれ、冒険心で敷地の中に飛び込むと、そこには「長期休業中」と書かれた、趣のある古い石蔵が佇んでいました。

 

これが私と潮音館の初めての出会いです。

 

私自身は、東京で生まれ育ち、学生時代からイタリアンに興味を持ち、

東京のリゴレットというイタリアンレストランなどで修行を積んで参りました。

 

鹿児島に移住してきたきっかけは仕事の転勤なのですが、

すぐに鹿児島の人・風土・食材の虜になりました。

 

そして今日に至るまで、様々な農家の方や業者の方のお話を聞かせて頂き、

ご支援を受けて、2017年3月より、 

Cafe潮音館をリニューアルOPENさせていただきました。

 

潮音館は2018年で100周年を迎える、島津家の米蔵という歴史を持つ空間です。 

そこで鹿児島の皆様に安心・安全で、かつワクワクして頂ける料理と空間をご用意いたします。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

Cafe潮音館 代表 林 優介


1